札幌青少年吹奏楽団 Sapporo Seishonen Wind Orchestra

札幌青少年吹奏楽団の紹介

札幌青少年吹奏楽団とは?

1984年(昭和59年)に発足した、札幌で活動しているアマチュア吹奏楽団です。
私たちは「楽しい音楽」をモットーに、ひたむきに音楽と向き合う音楽大好きメンバーが集まった吹奏楽団です。メンバーは多彩ですが、メンバー全員音楽を愛しており、その想いを大切に活動に取り組んでおります。

札幌青少年吹奏楽団の演奏写真

名誉指揮者・葛本二三雄

名誉指揮者 葛本二三雄

上富良野町出身。中学でフルート、クラリネット、アルト・サックスを、高校でクラリネットを担当。
昭和39年陸上自衛隊に入隊。昭和40年~50年中央音楽隊、昭和50年~平成2年北部方面音楽隊でオーボエ奏者として活躍。
同年幹部に任官し、武蔵野音楽大学研修を終えた平成5年より、富士学校音楽隊長、北部方面音楽隊音楽班長、第5音楽隊長、第7 音楽隊長を歴任。
平成17年自衛隊を定年退官。

オーボエを吉成 行藏氏、作曲・編曲を池田 一秀氏、坂 幸也氏、指揮法を故遠藤 雅古氏、市岡 史郎氏、崎田 俊治氏に師事。

平成17年より札幌青少年吹奏楽団 常任指揮者に就任。「青少年らしい演奏のスタイル」の確立を目指して指導していただき、平成28年12月に常任指揮者を退任、札幌青少年吹奏楽団 名誉指揮者に就任。

常任指揮者・城分陽介

常任指揮者 城分陽介

札幌市出身。1994年、陸上自衛隊へ入隊。1996年、第7音楽隊へ配属。クラリネット兼ピアノ奏者として勤務。
退職後2006年、札幌大谷大学音楽学部(現:芸術学部)音楽学科ピアノコースへ入学・卒業。クラリネットも副科として研鑽を積む。

札幌市民芸術祭新人音楽会、JRタワー展望室T38そらのコンサート、市民ロビーコンサート等、多数の演奏会に出演。 また、過去3回「クラリネット&ピアノリサイタル」を開催。

これまでにピアノを寺下純子、土屋栄昭、岡本孝慈、クラリネットを渡部大三郎、指揮法を田中賢の各氏に師事。 現在、ピアノ講師として後進の指導にあたる一方、ピアノやクラリネットによる演奏活動も行っている。

平成29年5月より札幌青少年吹奏楽団の常任指揮者に就任、指揮と指導を行っている。

楽団のメンバー構成

2017/12/1現在の団員のパート人数です(休団中を含む、仮入団は含まず)。ピンクのパートは特に募集中のパートです。楽器を兼任している方は、メイン楽器のパートに数えてます。

フルート・ピッコロ7名 オーボエ1名
クラリネット・バスクラリネット9名 ファゴット0名
サックス6名 ホルン6名
トランペット8名 トロンボーン4名
ユーフォニアム2名 チューバ2名
ストリングベース1名 パーカッション3名